今週、ベラティーナが

おすすめするワインのご紹介です

ベラティーナでは春と秋を中心に

限定ワインが続々と入荷してまいります

今、楽しめる季節のワインたち

 

ベラティーナのモットー

ワインはTPOと季節感を

体感いただけるワインを揃えて

皆様のご来店をお待ちしております

 

今週のおすすめワインはこちら

 

 

左から

カンポドーラ・ロマーニャ・アルバーナ(白)

アルベレッロ マルヴァジーア・サレント (白)

モレッリーノ・ディ・スカンサーノ スピアッジョーレ (赤)

 

どれも店主、坂井がおすすめする

秀逸なワインたちです

週末の試飲にも登場します♪

 

ワインの購入、お届け方法などについては

お電話、メールにてお気軽にお問合せください
03-3868-2048(営業時間11:00-19:00)

メール:info@bellatina.jp

 

 

 

 

 

 

今週末から3連休☆

シルバーウィークが始まりますね!

今週、ベラティーナがおすすめする

白ワインはアルプスの麓で醸し出された

極上の白ワインです☆

 

   

   

   

 

ワイナリーの名前はサン・ミケーレ・アッピアーノ(以下、サンミケーレ社とします)ハンツ・テルツァという醸造家が率いるワイナリーです。カンティーナ・ソチャーレ(醸造協同組合)ながら、イタリアのワインガイドブック「ヴィーニ・ディ・イタリア」2000年版で、最優秀ワイナリー」に選ばれたほどの実力を持つワイナリーです。

 

 

 

 

 

 

サンミケーレ社のワインにはいくつかのシリーズがありますがなかでも最高峰はサンクトヴァレンティン・シリーズです

この名前は1986年にシリーズ初のワインが誕生した畑のあるサンクト・ヴァレンティン城に由来します。ファースト・ヴィンテージの1986年は、シャルドネ、ピノ・グリージオ、ゲヴュルツトラミネールの3品種で生産量は3種類あわせてわずかに6500本でした。
その後、品質の強化すること、生産量をある程度増やすこと、他の品種もリリースすることを目的に、同社の畑のあるエリア(コルタッチャからボルツァーノまで)内でそれぞれのブドウ品種の栽培条件に合う高品質なブドウが栽培できる畑を厳選し、栽培エリアを増やしてきました。

現在は、10アイテムを生産し、合計は40万本にまで生産量をあげています
白ワイン5種類で約85%にあたる35万本を造っています

 

 

サンクト・ヴァレンティン・シリーズのブドウ収量は、1haあたり6500kg- 7000kg(ワイン収量で45hl/ha)ピノ・ネーロの場合はもう少し収量が下がります。

ブドウの樹の樹齢は一番若くて7年、最高で35年であり、畑は気候、日照条件、土壌などの条件を品種ごとに厳選されています。
そして、サンクト・ヴァレンテインシリーズの畑を持つ組合員はワイナリーから与えられる様々な要件を満たさなければなりません(例えば除草剤を使用しないなど)。

テルツァー氏と彼のチームは定期的にサンクト・ヴァレンテインシリーズの畑を訪れ管理しています。ブドウの収穫時期はブドウ果を分析し、最後はティスティングして決められます。やっぱり、最後は人間の感性が大切なんですね☆

 

 

今週のおすすめには、このサンクトヴァレンティンシリーズからゲヴェルツトラミネールがエントリーしています☆

ではでは、そろそろ、今週のおすすめ白ワイン、3種をご紹介いたします

 

“モンティッグル” リースリング・アルト・アディジェ¥3,024

輝きのある麦わら色、フレッシュな桃を思い起こさせる濃密なアロマ。味わいはエレガントでドライ、かつ生き生きとした酸が感じられ、しっかりとしたボディがあります。“モンティッグル”というのは、畑のそばにある湖の名前です。

ブドウ:リースリング100%

 

 

 

 

■“ラーン” ソーヴィニョン・アルト・アディジェ ¥3,024

個人的にとても好きなソーヴィニヨンです♪

アッピアーノの標高の高い位置にあるラーンという畑のソーヴィニョンから造られるワイン。パイナップルやはちみつの豊かな香り、生き生きとした酸と繊細なミネラル感のバランスが取れた、心地よい味わいです。

ブドウ:ソーヴィニヨン100%

 

 

 

 

■“サンクト・ヴァレンティン” アルト・アディジェ・ゲヴュルツトラミネール ¥3,780

南チロルのトラミン村が名前の由来となった白ブドウ、ゲヴュルツトラミネール。輝くような濃い黄色で、バラやスパイス、コショウ、ナツメグなどを思わせる個性的な香りと余韻の長いフレーバーが印象的です。

ブドウ:ゲヴェルツトラミネール100%

 

 

 

今週末、ベラティーナの試飲に登場する極上のワインたち☆

南チロルのミネラル感あふれる、優雅なテイストをぜひ、お楽しみください♪

 

上記ワインのお問い合わせはお電話、メールにてお気軽にお問合せください
03-3868-2048(営業時間11:00-19:00)
火曜日定休
メール:info@bellatina.jp

 

 

 

 

今週、ベラティーナに初登場する

ピエモンテ、ヴィエッティ社のワインたち♪

 

今日は少しヴィエッティの概要をご案内したいと思います

 

<ヴィエッティ・ファミリー>

 

■歴史

歴史

ピエモンテ州クーネオ県カスティリオーネ・ファッレット。ブドウ栽培地として多くの恵み

を受けたこの土地で、ヴィエッティは 4世代に渡りワイン造りを続けてきました。

初代カルロ・ヴィエッティが社を立ち上げたのは1800年代後年代後半のこと。

息子マリオの代からヴィエッティの名を冠したワインの販売を始め、それまで多岐にわたっ

ていた農産物の生産をブドウ栽培とワイン醸造 に集約、特化していきます。

1957年アルフレード・クッラードがマリオの娘 ルチアーナと結婚 

ヴィエッティ家の哲学を引き継ぎ更に高品質なワイン造りへとまい進しランゲで最も優れ

たワイナリーの一つにまで育て上げました。

 

<ヴィエッティ社の畑とワイナリー>

  

■初めてのクリュワイン

1952年から自社だけではなく、バローロ全体のイメージ強化に努めてきたエノロゴとルチ

アーノの努力により一歩一歩前進していきました。

特にこのピエモンテの地で単一畑のワインを醸造したはじめてのワイナリーがヴィエッティ

社なのです。今ではどのワイナリーも行うこと手法最初のクリュは優良ヴィンテージとして

名高い1961年、バローロ ロッケとバルバレスコ・マッセリアが誕生しました

 

 

このヴィエッティ社から今回、ピエモンテで最も重要なブドウ、バルベーラ、ドルチェット、そしてネッッビオーロ

から醸し出された芳醇、且つ、エレガントな赤ワイン3種が初入荷となりました

 

■ドルチェット・ダルバ トレ・ヴィーニェ

ブドウ:ドルチェット100%

青みがったドルチェットらしい赤紫色

典型的なブラックベリー、ラズベリー、ブルーベリー

のアロマとミネラル感。

ソフトなタンニンと適度な酸、バランスのとれた味わい

ミディアムボディ、ノンフィルター

グリルした野菜や肉、ピッツァなどによく合います

肩の凝らないピエモンテです

 

 

■バルベーラ・ダルバ・トレ・ヴィーニェ

ブドウ:バルベーラ100%

スラヴォニアンオーク樽、フレンチバリック、ステンレス

で計14ヶ月の熟成。

トレ・ヴィーニェ=3つの畑の名前とおり

3つの畑のブドウは、それぞれ別に醸造されステンレスで

ブレンドされます。

熟した赤いチェリーやヴァニラの香り

バルベーラの大切な個性である、上質の心地よい酸

ソフトなタンニンが樽熟成の香りと合わさり心地よい

複雑さを醸し出しています

ノンフィルター

 

 

■ランゲ・ネッビオーロ ペルバッコ2013

ブドウ:ネッビオーロ

4か月のバリック熟成、その間自然のさらなるマロラクティ

ック発酵を促します。

大樽に移しさらに20ヶ月の熟成

畑から熟成までベースのバローロ・カスティリオーネオと

全く同じ醸造している、ある意味、お得なワインです

芳醇なフルーツ香にミントやスパイスなどの複雑な香

丸みのあるエレガントなタンニン、ミディアムボディ

ながらも凝縮感を感じる味わいです

熟成とともに複雑さとエレガントさが増す、熟成可能な

ワイン。

もちろん!ローストした赤身の肉、鶏、熟成したチーズと

芳醇な赤ワインならではのマリアージュをお楽しみいたた

けます☆

 

 

今週末、9/10.11はこの3種類をベラティーナで試飲いただけます

9/10 お昼くらに抜栓をして皆様のご来店をお待ちしております

16:00くらいにご来店いただけると、程よい状態になっていると思います☆

 

ぜひ、この機会に芳醇、エレガントなヴィエッティ社の味わいをお試しくださいませ

 

ピエモンテが飲みたくなる!

豊穣の秋が近い証拠ですね。。。。。!

 

ベラティーナ店主 坂井

今週のおすすめワインでご紹介するワインは
北イタリア、白ワインの産地として知られる
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州で
有機栽培でワインを生産している
レ・ヴィーニェ・ディ・ザモ社の白ワイン
ピノ・グリージオ!です

このワイン、白ブドウから生まれるのですが
ピンク色なんです
ブドウ果皮にこの色を持っているので
グレイという言い方もされるブドウ
ピノ・グリージオ



この白ワイン、なぜこのようなピンクになっているのか!?
それはピノ・グリージオというブドウの特徴を
活かした醸造にあります

■醸造方法
ブドウは最適な熟成時に収穫されます。
50%は低温でスキンコンタクトし、
ステンレスタンクで発酵。
残りの50%は赤ワインと同様に果皮と共に
4日間マセラシオン後圧搾し、500Lのオーク樽で発酵。
2つの発酵液は別々に熟成され、樽ではマロラクティック発酵が起こります。
週に一度バトナージュを行い、約6ヶ月後ブレンドし瓶詰されます。
ワインはこうして、心地よい爽やかさと果実味があり、
かつ、赤ワインのような力強さをあわせ持ちます。

■テイスティングコメント
このように醸造されたピノ・グリージオの色は、
凝縮感がありロゼのような色合いとなります。
花や、このブドウ特有のトロピカルフルーツの香り、
熟成工程から得られるパンの酵母のような香りがあり、
余韻にはヴァニラやかすかなトースト香、様々な花の香りが強く残ります。
口に含むと肉厚で芳醇、微かなタンニンと深みのある酸が心地よく、
余韻はとても長くワインのポテンシャルを感じさせます。

■どんな料理に合うの?
蒸したえびやかにの料理は、ワインの芳醇で
肉厚な味わいとよく合います。
ホタテやまて貝、イカの料理、魚介類ベースの
パスタやリゾットとの相性も抜群です。
和食との相性もよいワインといえますね!



ザモ社の美しいブドウ畑
この素晴らしい環境から
おいしい良質なワインが生まれます

今週末(4/23.24)の試飲に登場しますよ!
ぜひ、ベラティーナでお楽しみください

ヴィーニェ・ディ・ザモ ピノ・グリージオ ¥3,240

お電話、メールでもお気軽にお問合せください
03-3868-2048(営業時間11:00-19:00)
火曜日定休
メール:info@bellatina.jp  
  

今週、4/9(土)はベラティーナ名物のワイン会
Amici della Bellatina(ベラティーナ友の会)が
開催されまーす♪
今回のテーマはBIO
定義の定かではない自然派という言葉は
ベラティーナでは使用していません
ここは少しこだわっています

で、ミラフィオーレのお話です(笑)
ミラフィオーレというブランドは
フォタナフレッダというピエモンテでもとても大きなワイナリーのトップクリュ(単一畑)のあてられる
シリーズ、ブランド名です

フォンタナフレッダの創業は1878年。150年の歴史を誇るワイナリーです

今回はフォンタナフレッダ社の歴史。。。ではなく
ミラフィオーレというシリーズのこだわりをお話ししたいと思います


◆畑
ミラフィオーレーはピエモンテの伝統を表現した特別なワインシリーズです
そのスタイルを表現するために、土壌のタイプ、ミクロクリマ(微気候)、畑の向きなど
全ての条件を満たしている畑は創業時からある伝統ある畑です
樹齢や株密度も創業当時と同じ基準としました
樹齢:20〜45年
株密度:3000〜4000株/ヘクタール
その条件の中で、ネッビオーロ、バルベーラ、ドルチェットのピエモンテを代表する3種のブドウのみが栽培されています



【ビオ・ナチュラル】
ミラフォーレシリーズが生まれる畑では肥料、除草剤などにも細かい規制を設けています
除草剤:2009年以降、科学的除草剤の使用を中止。

肥 料:2001年以降、科学的な肥料の使用を中止。100%オーガニックな肥料を使用
【二酸化硫黄】
EUの規定値が150mg/Lに対して現在はその半分の75mg/L
最終的には50mg以下を目指しているということです☆

【酵母】
2009年以降、ミラフィオーレの畑に生息する酵母を選び、育てた酵母を使用
100%ミラフィオーレの畑で生まれたワインを表現することに繋がりました


◆伝統的な醸造方法
ピエモンテの伝統的な熟成である大樽熟成にこだわったのもミラフィオーレシリーズです
主に20〜30HLの中樽、またはそれ以上の大樽(140HLくらいまで)にて熟成
バリックを使用しない!というこだわりです!
これって、すごく素敵なことだと思うんですよね〜
ブドウの個性を大切にできる、ピエモンテらしいワインに仕上がります
これを行うことで本物のクラッシックなピエモンテワインの重要さを市場に示した!といわれています
そして、高級なワインたちですから、大切に時間をかけます。。。。。



王のセラーといわれる創業時から使われているセラーでリリースされるまでの長い時間を過ごすのです

ワインは、は〜おいしい〜!と楽しむもの☆
それは、それで、もちろん、よいのです!楽しい時間のお供ですから!
でも、少しだけワインの造られる背景を知ると、一層楽しくなります
自然と人々の英知、情熱があってはじめて生まれる飲み物、それがワインです!
世界中の人々に愛される飲み物であることもうなずけますね


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    店主
  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    小春

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM