今週のおすすめワインは初夏に最適なワイン、ローマを代表するワインとして知られるフラスカーティです♪
フラスカーティとはローマ北部に位置する地名に由来する名前です。マルヴァジーア・ビアンカというワインを主体に造られ、実は辛口とカンネッリーノという名前の甘口があります。今回のおすすめは食いしん坊のベラティーナですから、やはりお料理に合わせやすい辛口のフラスカーティです♪
まずはフラスカーティの定義とは・・・・
ブドウは先に記載したマルヴァジーア・ビアンカを50%以上使用すること。
その他、トレッビアーノ10-20%、
マルヴァジアー・デル・ラツィオ10-40%、
グレコ、グリッロ、ベッローネなどを30%まで、と使用するブドウに制限があります。スペリオーレとは、法定アルコール度数以上のアルコール度数をもつワインに許される名称。フラスカーティ・セッコ(辛口)の場合は、11.5%以上にこの名称がつけられています。
18世紀にドイツの詩人ゲーテがフラスカーティを飲み『まるで楽園にいるようだ!』といったとか・・・。その褒め言葉で有名になったワインとしても知られています。少し前までは、軽いワインの代名詞のようでしたが、近年、各ワイナリーの努力が実り、色々な素晴らしい個性をもったワインが続々とリリースされているワインでもあります。そこで、今回は、ふたつのフラスカーティをご紹介いたします。

◎フラスカーティ・スペリオーレ サンタテレーサ/フォンタナ・カンディダ社 750ml ¥1,260


 サンタテレーサとはフォンタナ・カンディダ社の南斜面に位置する単一畑の名前。少し遅摘みのブドウから生まれるコスパ抜群のフラスカーティです。セージやリンゴ、ゼラニウムの様な甘みを含んだ濃く且つデリケートでエレガントな香り☆イタリアワインらしいイキイキとした酸味に、厚みのある味わい。バランスのとれたおすすめデイリーワインです。ベラティーナ定番のワインでもあります☆ブドウ品種:ブドウ:マルヴァジーア、トレッビアーノ、グレコ

◎フラスカーティ・スペリオーレ エポス/ポッジョ・レ・ヴォルピ社 750ml 特別価格 ¥2,100


今回の新入荷フラスカーティ。良質なデイリーワインの生産者として名高い、ポッジョ・レ・ヴォルピ社。ラツィオ、カンパーニア、プーリアなどに畑を所有し近年の品質向上が目覚ましいワイナリーです。ベラティーナでもアリアニコやファランギーナは定番ワインとなっています。そしてこのエポスはワンランク上のフラスカーティといえます。もちろん、ヴィニディタリアでフラスカーティ初のトレ・ビッキエーリ(3つグラスの最高評価)を受章したことはもちろんですが、大切なのはその味わい。アーモンドのニュアンスにトロピカルフルーツの豊かな甘さする感じる香りとなめらかでやさしい味わい。
ブドウ品種:マルヴァジーア・ディ・カンディダ50%、マルヴァジーア・デル・ラツィオ40%、トレッビアーノ10%

いかがですか?ふたつのフラスカーティ。ともに、単に「軽い」ワインではありませんよ〜
フラスカーティらしいフレンドリーさを残しながら、しっかりとした厚みの味わいに仕上げたフラスカーティ。
ぜひ、ローマっ子になった気分で楽しんでみてはいかがでしょうか?
フラスカーティは青空が似合う・・・そんなイメージのある白ワインです。

みなさん、ランブルスコというワインをご存じですか?
30年くらい前から日本に輸入されている北イタリア、エミリア・ロマーニャ州の伝統的な弱発泡性ワインです。
アメリカで甘口タイプが爆発的に人気になったことと、ロゼ甘口が日本で受け入れやすかったことがあり、甘口タイプのロゼが一世を風靡したワインでもあります。が、本場イタリアでは、赤の辛口が定番☆
エミリア・ロマーニャ州は東側のロマーニャ地方(レッジョ・ロマーニャ)と西側のエミリア地方(レッジョ・エミリア)に分かれています。ランブルスコはエミリア地方の伝統的なワイン。
黒ブドウ、ランブルスコから造られ、4つのタイプがあります。
◎ランブルスコ・ディ・ソルバーラ
◎ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェートロ
◎ランブルスコ・サラミーニ・ディ・サンタ・クローチェ
◎レッジャーノ・ランブルスコ
特にもっとも品質が高いといわれるソルバーラが一番人気といわれています。

食材の宝庫といわれるエミリア・ロマーニャ州。パルマの生ハムとパルミジャーノ・レッジャーノ、モデナのバルサミコ、ボローニャ地方のモルタデッラなどなど、数えきれないほど伝統的な食材を列挙することができる地方です。
この地方の料理に欠かせないワインは数多くありますが、やっぱり生ハムとランブルスコの組み合わせは天下一品。(この場合はやはり、伝統的な赤の辛口ランブルスコです)

赤ワインなのに、軽快なやさしいタンニンで、冷やして楽しめる!これがランブルスコの最大の特徴〜!まさに、今の季節にぴったりなワインといわます。
いつ飲むの?今でしょ〜!!!!!というわけで、今週、ベラティーナ店舗では、2種類のランブルスコをご用意しています☆

◎ドネリ社 ランブルスコ・ソルバーラ 
ランブルスコ最大のワイナリーともいえるドネリ社。F1フェラーリのスポンサーも手掛けるワイナリーです。伝説の名車「テスタロッサ」、「モンツァ」など数々のデザインを手がけたセルジオ・スカリエッティ氏がボトルデザインした「スカリエッティ ボトル」で登場です!
◎ヴィーニ カソラーリ ランブルスコ デル ノンノ
ドネリ社とは正反対の家族経営のワイナリー。ソルバーラ種100%で造られた、やさしい、ほっとするテイストのランブルスコです。

ともに店舗にて1本 ¥1,575にてご用意しています。

食前酒としても、食中酒としても楽しめる、優れたワイン。
気取らない休日のブランチワインとしてもおすすめです!

店舗までお越しになれない場合は、電話やメールにてご注文を賜ります。
お気軽にお問い合わせください☆

今日は、マルケ州の伝統ある白ワインをご紹介です。
今週末、4月6日(土)、7日(火)は、ベラティーナでこのワインたちの有料試飲を実施いたします☆


マルケ州は、イタリアの東側、アドリア海に面した中部イタリアに位置しています。ウルビーノという街は、ラファエロ生誕の地として有名です。では、ワインは・・・というと、州都アンコーナ近郊が最大の産地。今回、ご紹介する白ワインもこの地方から生まれたワインです。マルケの伝統あるワイン、その名は『ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ』。
カステッリ・ディ・イエージは土地の名。
ヴェルディッキオはブドウ名です。
かつては、アンフォラという魚を象ったボトルに入り、若飲み用のワインとして世界中に輸出されていたヴェルディッキオ。
が、ここ20年以上にわたり、このヴェルディッキオは大きな変化、変革を遂げてきました。ヴェルディッキオというブドウのポテンシャルに着目し、多くのワイナリーが様々な研究を行い、飛躍的な質の向上を図ったというワケです。
その先駆者ワイナリーのひとつが、ガロフォーリ社です。はじめて、ヴェルディッキオというブドウを「バリック(小樽)」を使用して施したワイリーとして知られています!
このワインとの出会いは20数年前!
こんな華やかなワイン・・・なんておいしんだろうと感動した記憶はまだそのままに残るワイン、それが、ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ・クラッシコ・リゼルヴァ“セッラ・フィオレーゼ”(この後は、フィオレーゼといいます)です。
ちなみに、2010年のヴィンテージからリゼルヴァタイプは、DOCGというイタリアワイン法の最高峰の格付けに昇格しています。
さて、フィオレーゼの醸造は、一般的なヴェルディッキオとは、もちろん、異なります。
まず、ブドウは、少し過熟した状態になるのを待って収穫。
ソフトプレスして搾汁されたモストを、フランス産オークのバリック(小樽)で発酵。
発酵後は、そのままバリックで約11ヶ月の熟成。さらに瓶内熟成1年という熟成を経てマーケットに出荷されていきます。
このスタイルのヴェツディッキオは10年以上の熟成にたえるといわれています!
それを体感いただけるワインがベラティーナに入荷しました。
セッラ・フィオレーゼ ヴィンテージ2001! 
ヴィンテージから12年を経て醸し出される、しっかりとした骨格、複雑で、且つ、なめらかな味わいをゆっくりとお楽しみいただける白ワインです。今回は、通常、4,830円を4,200円にて販売いたします。
少量入荷のため、オンラインショップへの掲載はありません!
店舗へお越しいただけない遠方のお客様は、お電話、または、メールでご注文くださいませ!



そして、もうひとつのヴェルディッキオが、ポディウム。
ポディウムという単一畑から生まれた、こちらもリゼルヴァタイプ。
ただし、ポディウムは、バリックは使用せずステンレスタンクで低温発酵、そのまま15ヶ月の熟成、瓶内熟成4ヶ月と、フィオレーゼとは全く異なる醸造方法で生まれたヴェルディッキオです。そして、このポディウムも、ちょいオールドヴィンテージ、2006が到着しています!
こちらも通常3,990円のところ、3,675円にて販売です☆
同じヴェルディッキオを樽で熟成させたフィオレーゼ2001。
ステンレスタンクで丁寧に施されたポディウム2006。
白ワインのヴィンテージものを飲み比べる、素敵な機会です。
畑と醸造、そしてヴィンテージが異なるとこんなに違うのか!
有料試飲当日は、いつもの無料テイスティングにて2011年の通常ヴェルディッキオも試飲いただけます(ワイナリーは異なります、ご了承ください)。

今週末、残念ながら天気予報は雨模様・・・。
そんなまったりしたときは、ぜひ、ベラティーナまでお越しください♪
ワイン好きが募る、楽しい時間がベラティーナにはあります

 

先取りワイン情報
ラ・モンティーナ社フランチャコルタ

 



イタリアの高級スプマンテとして知られるフランチャコルタ。ロンバルディア州、ミラノ東方のフランチャコルタ地区で生産され、使用品種はシャルドネ、ピノ・ネロ、ピノ・ビアンコ。フランスのシャンパーニュと同じ瓶内二次発酵で造られます。シャンパーニュ以外で唯一、産地名がつけられたスパークリングワインです。

実際、生産者の多くは『スプマンテ』といわれることを嫌がります。
『私たちが生産しているワインが<フランチャコルタ>』だと!

今回、ベラティーナを運営するアルベロ・ジャパンでは、そのようにエレガントで、素晴らしい品質を保持するラ・モンティーナ社のフランチャコルタの輸入、発売することになりました!発売開始は、4月上旬予定。今回は、そんなラ・モンティーナ社情報を先取りでご案内いたします。
輸入前の先行イベントのご案内もあります!

私の座右の銘は『一期一会』。ワインにもこの言葉ってあるのです。
このラ・モンティーナ社フランチャコルタの輸入もまさに一期一会!
昨年の秋、長いお付き合いをしていただいているシェフからご紹介いただいた
ワイナリーがこのラ・モンティーナ社です。
当初はフランチャコルタを輸入する自信もあまりなく・・・が、
弊社輸入担当が、ワイナリーを訪問し、
そのクオリティのよさに『まいった』との連絡!
さっそく、日本でも試飲をし、これならば!と、あっという間に
輸入が決定したワイナリーです。
なぜ、今まで日本への輸入がなかったのか不思議なくらいの実力ワイナリー。
ラ・モンティナー社のフランチャコルタ・リゼルヴァ ヴィンテージ2005は、
イタリアワインの超有名、そして信頼のおける評価本、『Vini d'Italia』で
トレ・ビッキエーリ(最高の評価をしめす、3つグラス)を受賞!しています。


では、この実力派フランチャコルタの生産者、
ラ・モンティーナ社を簡単にご紹介いたします。
ラ・モンティーナ社は1987年ヴィットリオ、ジャンカルロ(現オーナーの父)、
アルベルトのボッツァ家3兄弟によって設立されました。
現オーナーの祖父が赤ワイン生産を行っていたこともあり、
3兄弟は幼い頃からワインを生産するに重要な、土地やブドウ木への情熱を父親から学んだといいます。
『ラ・モンティーナ』とは、畑の所有者であったローマ法王パオロ6世を祖先に
もつブレーシャ県の貴族、ベネデット・モンティの名に由来しています。
この時代を考慮すると、ラ・モンティーナ社の歴史は1620年まで遡ることができる由緒あるワイナリー。
現在、ラ・モンティーナ社は、フランチャコルタの異なる7つの地域に
約72ヘクタールの土地を所有。
ブドウ畑の土壌は、炭酸カルシウムを含む粘土質と泥炭土から成り、
その丘陵地帯から優れたブドウを生産してます。
ラ・モンティーナにおけるフランチャコルタの平均生産本数は約450,000本。
地下にあるカンティーナの広さは7450 ?。
一年を通し13〜16度を保っているため、
フランチャコルタの生産/熟成に最適な環境をもっています。



■ラ・モンティーナ フランチャコルタ・ブリュットD.O.C.G.

Montinaフランチャコルタ特有のエレガントでありながらスッキリしているので、
どのような場面にもしっくりと合うワインです。
泡は非常にキレが良く、程よい酸味とフレッシュな果実と花の香りが、
アペリティーボ(食前酒)から魚料理のプリミピアッティ、食後の締めまで
どのような場面でも楽しめるオールマイティなフランチャコルタとして
世界中で高い評価を得ています。
- 栽培方式:グイヨー
- ヘクタールあたりの収穫量:10000L/Ha
- ブドウ品種:シャルドネ95%、ピノ・ネロ5%
- 発酵・熟成期間:ボトル詰め後 約24ヶ月間 発酵熟成
- 残留糖度 : 9gr/L
- アルコール度数 : 12.5%




■一足先にラ・モンティーナ社フランチャコルタを
楽しめる貴重なイベントがあります!


ラ・モンティーナ社を所有するボッツァ家のミケーレ氏が、日本発売を前に来日!
3月7日(水)、イタリア食文化研究家である長本和子氏が
オーナーを務める、中目黒、目黒川沿いのリストランテ カシーナカナミッラで先行ワイン会を行います。
生産者の話をじかに伺える楽しい会です。
フランチャコルタのほかにもシチリアやトスカーナのワインと
楽しむコース料理。カナミッラのシェフが織りなす、
繊細、且つ、パワフルなイタリア料理を堪能いだたき、お料理、ワイン込みで
10,000円というお得なワイン!
詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。
お席に限りがありますので、ご予約はお早目に・・・・!

ピエモンテ州ピラー社 キアラ・ボスキス女史





今週、ピエモンテで女性ながら上質なバローロの造り手として知られる、
ピラー社のキアラ・ボスキス女史のお話を聞く機会がありました。

イタリアの中でも女性のエノロゴやワイナリー経営者は多くいますが、
キアラ・ボスキス女史の特筆すべき点は、
いわゆる『バローロ・ボーイス』最盛期における唯一の女性醸造家、
『バローロ・ガール』であったということ。
(ガールスという複数にはならないのですよ!)
バローロ・ボーイズとは、モダンなバローロの誕生に貢献した若手醸造家の
総称。現在、このバローロ・ボーイズ二世の多くが女性であったこともあり、
多くの女性醸造家、バローロ・ガールズが活躍しています。
その中で、先駆者のバローロ・ガールがキアラ女史というわけ・・・です。

以前、見た写真ではちょっと怖そう!?というイメージでしたが
会えば印象は全然違い、意外に小柄で細くて・・・
この女性がひとりでバローロを造っていたの〜!?と少々、驚きました。

でも、他の醸造家と変わりなく、または、それ以上にワインを語る情熱は
やっぱり醸造家!
小さいワイナリーながら上質はワインを育む、実直さを感じました。

では、ピラー社のワインとは!?
やっぱり好きだったのは、ドルチェットとバローロ・カンヌービ・・・・!

私は個人的にドルチェットが大好きニコニコ
やさしいドルチェット特有のスミレ色、野イチゴのような少し甘さを感じる香、
やさしいタンニンでありながら、しっかりとした飲みごたえのある赤ワインです。
2010年は彼女曰く『完璧』なブドウとのこと。
通常はフレンチオーク樽で熟成させるドルチェットですが、
このヴィンテージに限ってはステンレスタンクでのみ熟成。
まさに、ブドウが完璧だから決断したこと・・・だと思います!
年間生産本数がたったの4350本!
そのうちの1本をGETしてみませんか?

グラスに注がれたワインの色の美しさに驚き、
口に含めば、やさしく且つ力強い味わいで幸せな気分になれるワインです。

ご興味を持たれた方はこちらからどうぞ・・・・!



PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    店主
  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    小春

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM