◎油を落とした鶏皮にアリスのロゼスプマンテを合わせて☆




先週から再開したベラティーナ名物、ワインに合うレシピ☆
今週は、予約のとれないお料理教室を主宰されているCitronヨーコ先生☆

鶏皮を使用したこと、ありますか?焼き鳥屋さんでいただくことはありますが〜という方も多いハズ♪そんな、身近でありながら、家庭の食卓にはあまりのぼらない鶏皮を使用した簡単!でもボリュームあるレシピです。
今週から復活した酷暑。食欲がないときでも、このお料理ならパワーアップさせてくれると思います♪






■材料(4人分)

鶏皮         200g
赤ワイン       50cc
サラダ油       小さじ1
塩          小さじ1/6
パプリカパウダー   小さじ1/4  
こしょう       適宜
好みの付け合わせ野菜 適宜






■作り方
1. 鶏の皮は3センチ大に切り余分な脂肪は取り除く。赤ワインと共にビニール袋に入れ、一晩漬けこむ。
2. 漬けこんだワインは捨て、鶏皮をキッチンペーパーで水気を拭き取る。フライパンにサラダ油を敷き、鶏皮を入れて中火にかける。途中脂が出てくるので深さ1センチほどたまったらキッチンペーパーでふきとるのを繰り返し、両面パリパリになるまで加熱する。油がはねるので油よけカバーなどあれば使用するとよい。
3. 火を止め、塩・こしょう・パプリカパウダーをふる。皿に付け合わせ野菜などと共に盛り付ける。

※鶏皮から油がどんどんでてきますがあまり小まめにふきとらず、少したまってからふき取った方が早くパリパリになります。鶏皮はブロイラーではなく銘柄鶏や地鶏がおススメです。お肉屋さんに前日までに伝えるととっておいてくれます。

Citron先生のおいしい鶏料理♪冷めてもおいしいので、事前につくっておけば最初の前菜にサービスできますよ〜
ぜひ、トライしてみてくださいね☆



では、このお料理合うワインは・・・・前菜であること、お肉であること、そして夏向きのレシピという3つの点を考慮して、ヴィーニェ・ディ・アリーチェ社のオゼ・ロゼ・ブリュットをおすすめいたします。
さわやかなグレラ種のテイストに黒ブドウ、マルツェミーノのしっかりとした味わいがプラスされたブリュット(辛口)です。
オゼ・ロゼ・ブリュットで乾杯!して、このお料理から楽しむ〜
事前に作っておけば、慌てずに余裕をもって、一緒に乾杯!できますね


オゼ・ロゼ・ブリュットの情報はこちらから⇒






Citron ヨーコ先生
飲食店を経営する夫との結婚を機に食の世界へ。多くの料理教室で学び、レストランでの修業、料理教室での講師を務め2009年より横浜市たまプラーザの自宅にて料理教室Petit Citron(プチシトロン)を主宰。身近な素材を使ったおもてなし料理・すぐに作りたくなる家庭料理が好評。ジャンルはフランス料理・イタリア料理・日本料理を中心とした・家庭料理全般。現在は自宅教室の他、講師、メーカーのレシピ開発に携わっている。
←Citron先生のお料理教室の情報はこちらから




◎突然ですが、タイ料理とイタリアワインを楽しみませんか!?




今週からベラティーナのレシピが再開いたします。
レシピを提供いただく先生は、
テレビやコマーシャルの撮影も担当される料理研究家、ばん くみこ先生と
予約のとれないお料理教室を主宰されているCitronヨーコ先生☆

復活第一弾はばん くみこ先生の夏料理☆なんとヤムウンセンです。
はい!タイ料理です。
実は店長、坂井はタイ好き、タイ料理好きでもあります☆
タイに旅行しても、ホテルでイタリアワインを飲んでいます〜
すこし、刻むことが面倒かもしれませんが、簡単!簡単!
夏にはやっぱりピリリと辛いタイ料理がよく合います。
まずはレシピから〜〜♪

■材料(4人分)

緑豆春雨(乾燥)      80g
豚ひき肉          100g
えび            8尾
いか            1杯
きくらげ          5枚 
紫玉ねぎ          1/2個
プチトマト         5個
マンゴー          50g
にんにく(みじん切り)    大さじ1
油             大さじ1
ナンプラー         大さじ3
レモン汁        大さじ3 1/2
砂糖            小さじ1
香菜            1株
赤唐辛子          1-2本
塩・胡椒          少々
白ごま油          大さじ1

■作り方
1. 春雨を固めに茹でて、水気を切りざく切りにする。
2. にんにくのみじん切りを炒め、豚ひき肉を加えて軽く塩・胡椒して1にあえる。
3. 香菜は葉を摘んでおく。
4. 紫玉ねぎは薄切りにし、マンゴーはカットする。
   きくらげをもどして、石づきを取り千切りにする。
   プチトマトは2等分にする。
5. えびは殻をむき背の方に浅く切り目を入れ背ワタを取る。
   いかは皮をむいて開き、一口大にカットし、えびと一緒に茹でる。
6. 2に4・5を入れて、ナンプラー、レモン汁、砂糖、輪切りした赤唐辛子を入れてよく混ぜ、塩・胡椒で味をととのえる。(お好みで白ごま油を入れる)
7. 皿に盛り付け、最後に香菜を飾る。

※「ヤム」は“さっと和える”「ウンセン」は”春雨“です。食欲がない日でも食べれる簡単タイ風春雨サラダのご紹介です。ちょっとおくと、味がしみこんでさらに美味しくなります。

ばん先生、素敵な夏レシピをありがとうございます♪
簡単そうでしょう?
ぜひ、ご家庭でもトライしてみてくださいね



では、このお料理合うワインは・・・・やはり、南イタリアのワインをおすすめしたいと思います♪
辛さには甘さを感じるような果実感がぴったり!です。
なので、やっぱり、シチリアのネロ・ダーヴォラがおすすめです。
ゴルギ・トンディ社コステ・ア・プレオラ ネロ・ダーヴォラ。
口に含むとベリー系のやさしくも力強い味わいがいっぱいに広がります。
コステ・ア・プレオラとは、ゴルギ・トンディ社が所有するWWF保護下にある湖の名前。自然と共存しながら優良なワインを生産する同社の代表的な赤ワインです。
南イタリア、シチリアの熱い風、太陽の恵みを受けて元気に育ったブドウから生まれた逸品は、こんなタイ料理にもぴったり♪
ぜひ、ヤムウンセンとも合わせてお楽しみください。

コステ・ア・プレオラ ネロ・ダーヴォラの情報はこちらから⇒


ばん くみこ先生
美味しいものを食べ歩いたり・仲間とワイワイとお料理するのが大好きだった会社員時代。会社で受けたセミナーで「10年後、自分がどうなっていたいか?」という問いかけをきっかけに、好きなお料理の世界で挑戦したいと一念発起してそれまでのキャリアを全て捨てて現在に至る。 現在は料理本のスタイリング、企業主催の料理教室の講師、食品メーカーの商品開発、パンフレットや雑誌の撮影時の料理作成〜スタイリング、テレビの裏方での調理など幅広く活動をしている。






5月24日から6日間にわたり、ベラティーナを運営するアルベロ・ジャパンが直輸入しているイタリア最高峰のスプマンテ、フランチャコルタの生産者、ラ・モンティーナ社から経営者一族で、現在、海外のマーケティング部長をしている、ミケーレ・ボッツァ氏が来日していました。
ワインのプロモーションには試飲会、メーカーズディナー、お客様訪問などが一般的☆
でも、アルベロ・ジャパンはそれらもやりつつ、一味違うプロモーションを行いました。
それは、女優の浜 美枝さんのご自宅、箱根やまぼうしさんでの素敵なコラボ企画です店長坂井の座右の銘は一期一会。まさにこの大切さをじーんと感じるプロモが実現したのです!



まだ私たちが駆け出しのピヨピヨだったころ、すでに、ホテル西洋のリストランテ・アットーレの総料理長に君臨されていた室井シェフとの再会がきっかけでこの企画が実現したのです☆
室井シェフから、古くからのお知り合い浜さんをご紹介いただき、
伊賀焼 土楽さんの土鍋
浜さんが世界一!と絶賛する室井シェフのリゾット
ラ・モンティーナのフランチャコルタ
そして、素敵な浜さんのトーク
という、素晴らしいコラボを行うことができました。

残念ながら、わたくしはお店やら事務などがあり、お留守番を余儀なくされ参加できなかったのですが、東京へ戻ったミケーレさんの楽しかったよ!という声でこの企画の成功を感じました。


ワイン、お料理は人を繋ぐ・・・まったく違うフィールドで仕事をしているプロたちが、ご縁とタイミングが重なりこのようなイベントが開催できたことに感謝感激です。このあと、箱根やまぼうしでは、箱根寄木細工の展示会を予定されているそうです。今回参加できなかったので、ベラティーナの定休日にぜひ、新緑の箱根を訪ねたいと思っています。
また、土楽さんの土鍋はかなり活用範囲が広い〜当日、室井シェフはこの土鍋でリゾットを作られました☆というわけで、さっそくわたしも土鍋だけでも!と購入しました。来週の土鍋到着が楽しみです☆

箱根やまぼうしさんのイベントはこちらのサイトから
http://www.mies-living.jp/yamaboushi.html

土楽さんの世界を垣間見るにはこちらから
http://doraku-gama.com/

ラ・モンティーナのミケーレ氏はその他、練馬イタリアンフェスィバル、青山リヴァデリ・エトゥルスキさんや小石川タンタローバさんでのイベントや超一流のソムリエさんたちを対象にした勉強会など、精力的にスケジュールをこなし、木曜日にイタリアへ帰国されました。


彼の言葉、、ラ・モンティーナのフランチャコルタをおいしく楽しむには、6℃に冷やすこと!(これは氷を使用して冷やします)
そして、フランチャコルタを<スプマンテ(スパークリングワイン)>とはいわないでほしい!僕たちが生産しているのは、まぎれもなく、フランチャコルタなのですから・・・!彼がいかに、自分の仕事とフランチャコルタを愛しているかわかります。もちろん、滞在中、彼は前菜から肉料理まで、すべてフランチャコルタのみで通していました〜
フランチャコルタは、イタリアで購入しても少々高めのワイン。
ぜひ、記念日、クリスマス、年末年始などのスペシャルなときに思いだし、楽しんでいただきたいワインです。
ベラティーナではいつでも在庫しております☆
お気軽にお問い合わせください♪




PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    店主
  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    小春

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM