・カツオ・・・・200〜250g       ・白ワイン・・・・60cc
・ニンニク・・・・1片          ・ダイストマト缶・・400g
・玉ねぎ・・・・70g          ・塩・・・・・・・約6g
・セロリ・・・・40g          ・オリーブオイル・・60cc
・ケイパー・・・10g          ・スパゲッティー・・約350g
※お好みでイタリアンパセリやディルを振りかけて。又松の実やレーズンを入れても美味しいです。




? ニンニクは皮をむき半分、玉ねぎとセロリはみじん切りにしておく。
? カツオを2cmぐらいのサイコロ状にカットしておく
? 鍋又はフライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを入れて火にかけニンニクの香りだし、ニンニクは取り出す。
? ?に玉ねぎとセロリを入れよく炒め、カツオを入れて良く炒め、ケイパー入れ白ワインを入れてカツオの身を潰しながら水分が3分の1位になったらトマト缶を入れ、約15分煮る。
? パスタを茹でる。沸騰したお湯に約1%の塩を入れ規定時間茹で?の中に入れ良く混ぜ器に盛り完成!




今が旬のカツオを使いパスタに仕上げてみました。今回この白ワインと合わせるということで、やはり生の状態よりもラグー仕立てにすることにより、相性抜群の逸品に仕上げました。
仕上がったラグーの半分をパスタと和え、残りの半分は焼いたパンの上に乗せ
ブルスケッタにもなります。是非コステ・ア・プレオラのグリッロとセットでお楽しみいただきたい料理です。




仲田 輝男先生
埼玉県鳩ヶ谷市出身。AB型

高校卒業後、都内ホテルにてフレンチを約3年学び、イタリアンの道へ。
南青山、日比谷、新宿と3店舗で料理長を勤め上げ、2005年11月さいたま市浦和区に イタリアンダイニング『tonno』を独立開業。その後、料理研究家としても活動を始め、2011年7月(?料理王国アカデミーのシェフに抜擢され現在に至る)






【ベラティーナ店長から】
仲田先生は、シチリアが大好き!今回も自ら、「僕はシチリアワインが!」とこのコステ・ア・プレオラを選んでくださいましたチョキ
コステ・ア・プレオラ グリッロは、すでに2011年ヴィンテージをリリースしています。なので、フレッシュさが抜群!シチリアらしい塩味を感じる爽やかで、且つ、1本キリリとした筋の入った味わいをもつ白ワインです。
初カツオがおいしい季節おはな
コステ・ア・プレオラとともにお楽しみください〜
コステ・ア・プレオラ グリッロの詳細はこちら

コステ・ア・プレオラ グリッロは、サルデーニャのワインと合わせたイタリア島ワインセットにもエントリー。お得なセットです!











? 牛乳ととき卵をあわせておく。ベーコンは1cm幅に切り、表面を焼いておく。アスパラガスは1-2分茹でて半分に切っておく。
? ボウルに全粒粉を入れ、1を1/3程度加え混ぜる。だまがなくなったら、残りの分量を2回に分けて混ぜる。
? ?に溶かしバターと塩麹を加えてよく混ぜる。
? フライパンを熱してオリーブオイルをひき、キッチンペーパーでよくなじませた後、半量の生地を流し入れて手早くまわして均一な薄さに広げて中火で焼く。
? 皮の縁がカリッとしてきたら、表面にまんべんなく半量のチーズとベーコンを乗せて、四方の皮を内側に折り込む。
? チーズが溶けたら器に盛って、温泉卵・ベーコン・アスパラガス、ベビーリーフを盛りつけ、胡椒と塩をふり最後にチャービルを飾る。




豊かな果実香りとデリケートで柔らかな味わいで、スターターにぴったりのスプマンテです。
女子会に持参すれば、“アリス“という名前、透明なボトルにお洒落なエチケット、「人生はひとつの泡」というキャッチコピーで盛り上がること間違えなし。
今回のメニューは緑の生える爽やか季節、大切な人とのランチという設定にしてみました。
簡単にお洒落でカフェ風ランチプレートがあっという間にできていまいます。
そば粉を使わず、全粒粉で素朴な味に仕上げました。
ガレットの具材はお好きなものをどうぞ。前日の夕飯で作ったカポナータやキンピラ、マリネ、煮込みでもいいでしょう。
パートナーの好きな具材でお試しください。人生に欠かせない泡を大切な人とご一緒にどうぞ。




ばん くみこ先生
美味しいものを食べ歩いたり・仲間とワイワイとお料理するのが大好きだった会社員時代。会社で受けたセミナーで「10年後、自分がどうなっていたいか?」という問いかけをきっかけに、好きなお料理の世界で挑戦したいと一念発起してそれまでのキャリアを全て捨てて現在に至る。 現在は料理本のスタイリング、企業主催の料理教室の講師、食品メーカーの商品開発、パンフレットや雑誌の撮影時の料理作成〜スタイリング、テレビの裏方での調理など幅広く活動をしている。




■ベラティーナ店長より

ばん先生は、とてもアクティブな元気印な女性です。今回は、そんな先生にアリス スプマンテに合わせて、ヘルシーなガレットをご提案いただきました。野菜をたっぷりとれるガレット。しかも、今、話題の塩麹を使用したガレットです。
野菜がおいしい季節にぴったりのレシピ!
アリス プロセッコは野菜との相性も抜群!さすがの組み合わせですね〜!
晴れた日の午後、ガレットとプロセッコでベランダランチ、したくなりますよ!
ぜひ、みなさんもチャレンジしてみてくださいね。
アリス プロセッコの詳細はこちらから⇒



【材 料】(4人分)
ペンネリガーテ 300g
豚挽き肉 100g
ナス 2本
タマネギ(中) 1/2個
ニンニク 1片
ンドゥイヤペースト 30〜50g
トマト缶(ダイス) 300g
リブランディエキストラ・ヴァージン・オリーブオイル 130ml
塩、黒コショウ 各適量

作り方
? ナスは1?角、タマネギは5?角に切り、ニンニクはみじん切りにする。
? 鍋にたっぷりの湯を沸かし、約1%の塩を入れ、ペンネを茹でる。
? フライパンにオリーブオイルを60mlほど入れ強火にかけ、ナスを炒める。ナスは一度別の皿などにはずす。
? 粗熱をとった3のフライパンにオリーブオイルを40mlほど入れ、ニンニクを炒める。香りが出てきたら、豚挽き肉を加え炒め、塩、コショウをする。
? タマネギを加え、よく炒める。タマネギに火が通ったらトマト缶を加え、塩で味をととのえる。
? 5に3を加え、軽く煮込む。ンドゥイヤペーストを入れ、茹であがった2を加え、和える。器に盛り、残りのオリーブイルをかける。好みでイタリアンパセリや粉チーズ(ともに分量外)をかける。

インストラクターからひとこと




アラビアータといっても、今回ご紹介するアラビアータは、通常のものとはひと味もふた味も異なります。
ポイントは、なんといってもンドゥイヤペースト。ンドゥイヤとはイタリア、カラブリア州の名産で、挽いた豚肉とトウガラシを豚の腸に詰め、熟成させたサラミのようなものですが、サラミのように固くはなく柔らかで、熟成されたトウガラシと豚肉が織りなすほどよい辛さと酸味が、実に奥深い味わいを醸し出しています。
今回はペースト状のものを使用してパスタに仕上げました。そのままパンに塗ってトーストにしてもおいしいので、ぜひお試しください。
そして、パスタの味をさらに引き立ててくれるのが、リブランディ社のエキストラ・ヴァージン・オイルです。フレッシュな香りがとてもよく、後味は辛味が少ないのが特徴です。このオイルを仕上げにかけると、パスタの味が引き締まります。また、オリーブオイルにはさまざまな味があるので、試食をして、料理と相性のよいものを選びましょう。



仲田 輝男先生
埼玉県鳩ヶ谷市出身。AB型

高校卒業後、都内ホテルにてフレンチを約3年学び、イタリアンの道へ。
南青山、日比谷、新宿と3店舗で料理長を勤め上げ、2005年11月さいたま市浦和区に イタリアンダイニング『tonno』を独立開業。その後、料理研究家としても活動を始め、2011年7月(?料理王国アカデミーのシェフに抜擢され現在に至る)





ベラティーナ店長おすすめワイン

今回、仲田シェフにお願いしたお料理は、南イタリア、長靴型のイタリアのちょうど『つま先』に位置するカラブリア州のもの。
レシピーで使用したオリーブオイルはリブランディ社製。リブランディは、このカラブリアを代表するチロワインの生産者です。
この地方は唐辛子や玉ねぎの特産地。
なので、辛い郷土料理に合うワインが生まれる、イタリアでも個性的な食文化をもつ地域です。
このお料理にはもちろん、リブランディ社のワインがぴったり!
今、お得なリブランディセットには、レシピで使用したオリーブオイルもセットされています!
ぜひ、カラブリアの風を感じるセットでお楽しみください〜


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    店主
  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    小春

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM