ピエモンテ州ピラー社 キアラ・ボスキス女史





今週、ピエモンテで女性ながら上質なバローロの造り手として知られる、
ピラー社のキアラ・ボスキス女史のお話を聞く機会がありました。

イタリアの中でも女性のエノロゴやワイナリー経営者は多くいますが、
キアラ・ボスキス女史の特筆すべき点は、
いわゆる『バローロ・ボーイス』最盛期における唯一の女性醸造家、
『バローロ・ガール』であったということ。
(ガールスという複数にはならないのですよ!)
バローロ・ボーイズとは、モダンなバローロの誕生に貢献した若手醸造家の
総称。現在、このバローロ・ボーイズ二世の多くが女性であったこともあり、
多くの女性醸造家、バローロ・ガールズが活躍しています。
その中で、先駆者のバローロ・ガールがキアラ女史というわけ・・・です。

以前、見た写真ではちょっと怖そう!?というイメージでしたが
会えば印象は全然違い、意外に小柄で細くて・・・
この女性がひとりでバローロを造っていたの〜!?と少々、驚きました。

でも、他の醸造家と変わりなく、または、それ以上にワインを語る情熱は
やっぱり醸造家!
小さいワイナリーながら上質はワインを育む、実直さを感じました。

では、ピラー社のワインとは!?
やっぱり好きだったのは、ドルチェットとバローロ・カンヌービ・・・・!

私は個人的にドルチェットが大好きニコニコ
やさしいドルチェット特有のスミレ色、野イチゴのような少し甘さを感じる香、
やさしいタンニンでありながら、しっかりとした飲みごたえのある赤ワインです。
2010年は彼女曰く『完璧』なブドウとのこと。
通常はフレンチオーク樽で熟成させるドルチェットですが、
このヴィンテージに限ってはステンレスタンクでのみ熟成。
まさに、ブドウが完璧だから決断したこと・・・だと思います!
年間生産本数がたったの4350本!
そのうちの1本をGETしてみませんか?

グラスに注がれたワインの色の美しさに驚き、
口に含めば、やさしく且つ力強い味わいで幸せな気分になれるワインです。

ご興味を持たれた方はこちらからどうぞ・・・・!


材料(4人分)




米 2合
ポルチーニ(乾燥) 10g
エリンギ 50g
シメジ 50g
コンソメ(ビーフ) 8g
水 500ml
バター(無塩) 20g
ヴァージン・オリーブオイル 20ml
粉チーズ 適量
塩 2g
黒コショウ 適量

作り方




? 鍋に水を入れ、火にかける。沸騰したら、コンソメと塩を入れ撹拌(かくはん)し、粗熱をとる。
? ?にポルチーニを入れ、常温で約1時間おく。
? 米は研ぎ、ザルにあけ水を切る。キノコ類は食べやすい大きさに切る。
? ?のポルチーニを取り出し、大きければ半分に切る。炊飯器に3の米を入れ、?のもどし汁を茶こしなどでこしながら入れる。?のキノコとバター、オリーブオイルを加え、炊く。
? 炊きあがったらよく混ぜ、器に盛り、粉チーズと黒コショウをかける。

インストラクターからひとこと




イタリアの代表的キノコ、ポルチーニ茸。香りが強く、パスタやリゾットなど幅広く使われる、とてもおいしい秋の味覚です。
その味を家庭で簡単に楽しめるようにと考えたのが、こちらのレシピです。ポイントは、ポルチーニのもどし汁。ポルチーニの味と香りがたっぷりの汁でごはんを炊き、他のキノコで食感をプラス。仕上げにたっぷりチーズをかけて、リゾット風に。赤ワインを片手に楽しめる、まさに和風イタリアンの逸品です!


仲田 輝男先生
埼玉県鳩ヶ谷市出身。AB型

高校卒業後、都内ホテルにてフレンチを約3年学び、イタリアンの道へ。
南青山、日比谷、新宿と3店舗で料理長を勤め上げ、2005年11月さいたま市浦和区に イタリアンダイニング『tonno』を独立開業。その後、料理研究家としても活動を始め、2011年7月(?料理王国アカデミーのシェフに抜擢され現在に至る)






材料(2人分)




豚バラ肉(薄切り) 100g
キノコ(マッシュルームやマイタケなど)90g
フランスパン(1cm厚のスライス) 6枚
オリーブオイル 小さじ1
トリュフオイル 大さじ1/2
塩、コショウ 各適量

作り方




? 豚バラ肉に軽く塩、コショウをふる。キノコはみじん切りにする。フランスパンはトースターなどで表面がカリっとするまで焼く。
? フライパンにオリーブオイルを熱し、豚バラ肉を入れ中火で両面を焼きつける。豚バラ肉を取り出しておく。
? ?のフライパンでキノコを炒める。しっかり火が通ったら、塩、コショウで味をととのえ、トリュフオイルで香りづけする。
? フランスパンの上に?をのせ、?を盛り付ける。

インストラクターからひとこと




深みのある赤ワインのお供に、香り豊かなクロスティーニをどうぞ。
豚肉の脂の旨味をキノコがギュギューっと吸収。そこに少量のトリュフオイルを加えるだけで、風味豊かなキノコソースになります。たっぷり作って、パスタと和えたり、オムレツの具にしてもおいしいですよ。


横塚美穂先生
埼玉県熊谷市出身。O型

成城大学卒業。
ウエディング企業を退職後、休暇で訪れたフランスでワインに出会う。 
帰国後、ワインバー、レストランで経験を積み、日本ソムリエ協会認定ソムリエ資格取得。また、イタリアにてオリーブオイルソムリエの認定を受ける。料理は有名イタリアンの厨房で学ぶなど、知識・技術の源はプロの現場である。
現在は、メディアでのレシピ提案や企業での商品開発など「食」の分野を中心に、活躍の場を広げている。
・JSA認定ソムリエ
・AISO認定オリーブオイルソムリエ
・FBO認定きき酒師
・オーガニックコンシェルジュ
・フルーツ&ベジタブルジュニアマイスター


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    店主
  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    小春

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM