【材 料】(4人分)
ペンネリガーテ 300g
豚挽き肉 100g
ナス 2本
タマネギ(中) 1/2個
ニンニク 1片
ンドゥイヤペースト 30〜50g
トマト缶(ダイス) 300g
リブランディエキストラ・ヴァージン・オリーブオイル 130ml
塩、黒コショウ 各適量

作り方
? ナスは1?角、タマネギは5?角に切り、ニンニクはみじん切りにする。
? 鍋にたっぷりの湯を沸かし、約1%の塩を入れ、ペンネを茹でる。
? フライパンにオリーブオイルを60mlほど入れ強火にかけ、ナスを炒める。ナスは一度別の皿などにはずす。
? 粗熱をとった3のフライパンにオリーブオイルを40mlほど入れ、ニンニクを炒める。香りが出てきたら、豚挽き肉を加え炒め、塩、コショウをする。
? タマネギを加え、よく炒める。タマネギに火が通ったらトマト缶を加え、塩で味をととのえる。
? 5に3を加え、軽く煮込む。ンドゥイヤペーストを入れ、茹であがった2を加え、和える。器に盛り、残りのオリーブイルをかける。好みでイタリアンパセリや粉チーズ(ともに分量外)をかける。

インストラクターからひとこと




アラビアータといっても、今回ご紹介するアラビアータは、通常のものとはひと味もふた味も異なります。
ポイントは、なんといってもンドゥイヤペースト。ンドゥイヤとはイタリア、カラブリア州の名産で、挽いた豚肉とトウガラシを豚の腸に詰め、熟成させたサラミのようなものですが、サラミのように固くはなく柔らかで、熟成されたトウガラシと豚肉が織りなすほどよい辛さと酸味が、実に奥深い味わいを醸し出しています。
今回はペースト状のものを使用してパスタに仕上げました。そのままパンに塗ってトーストにしてもおいしいので、ぜひお試しください。
そして、パスタの味をさらに引き立ててくれるのが、リブランディ社のエキストラ・ヴァージン・オイルです。フレッシュな香りがとてもよく、後味は辛味が少ないのが特徴です。このオイルを仕上げにかけると、パスタの味が引き締まります。また、オリーブオイルにはさまざまな味があるので、試食をして、料理と相性のよいものを選びましょう。



仲田 輝男先生
埼玉県鳩ヶ谷市出身。AB型

高校卒業後、都内ホテルにてフレンチを約3年学び、イタリアンの道へ。
南青山、日比谷、新宿と3店舗で料理長を勤め上げ、2005年11月さいたま市浦和区に イタリアンダイニング『tonno』を独立開業。その後、料理研究家としても活動を始め、2011年7月(?料理王国アカデミーのシェフに抜擢され現在に至る)





ベラティーナ店長おすすめワイン

今回、仲田シェフにお願いしたお料理は、南イタリア、長靴型のイタリアのちょうど『つま先』に位置するカラブリア州のもの。
レシピーで使用したオリーブオイルはリブランディ社製。リブランディは、このカラブリアを代表するチロワインの生産者です。
この地方は唐辛子や玉ねぎの特産地。
なので、辛い郷土料理に合うワインが生まれる、イタリアでも個性的な食文化をもつ地域です。
このお料理にはもちろん、リブランディ社のワインがぴったり!
今、お得なリブランディセットには、レシピで使用したオリーブオイルもセットされています!
ぜひ、カラブリアの風を感じるセットでお楽しみください〜




材料(2人分)




モッツァレラチーズ 1袋(100g)
生ハム 6枚
セージ(大) 3枚
塩、コショウ 各適量
小麦粉 適量
卵 適量
パン粉 適量
オリーブオイル 適量


作り方




? モッツァレラチーズは6枚にスライスし、軽く塩、コショウをふる。セージは半分に切る。
? 生ハムの上に1をのせ、くるくると巻く
? ?に小麦粉、卵、パン粉の順で衣をつける。
? 鍋にオリーブオイルを180℃に熱し、?をキツネ色になるまで揚げる。


インストラクターからひとこと




イタリア語で「口に飛び込む」という意味を持つサルティンボッカは、パパッと手軽に作れるローマの郷土料理。通常は肉をハムで巻いてからソテーしますが、今回はミルキーなモッツァレラチーズをメインに、生ハムやセージと織りなす美味しさのハーモニーを衣に閉じ込めるようフリットにしました。
サクッとかじると、モッツァレラチーズのコクと、生ハムの旨味と塩気、セージの爽やかな香りが、口いっぱいに広がります。ビールはもちろん、スパークリングワインにもぴったり。トロリととろける、チーズの食感に思わずうっとりしてしまいます。



横塚美穂先生
埼玉県熊谷市出身。O型

成城大学卒業。
ウエディング企業を退職後、休暇で訪れたフランスでワインに出会う。 
帰国後、ワインバー、レストランで経験を積み、日本ソムリエ協会認定ソムリエ資格取得。また、イタリアにてオリーブオイルソムリエの認定を受ける。料理は有名イタリアンの厨房で学ぶなど、知識・技術の源はプロの現場である。
現在は、メディアでのレシピ提案や企業での商品開発など「食」の分野を中心に、活躍の場を広げている。
・JSA認定ソムリエ
・AISO認定オリーブオイルソムリエ
・FBO認定きき酒師
・オーガニックコンシェルジュ
・フルーツ&ベジタブルジュニアマイスター




【ベラティーナ店長から】
とろりとしたモッツァレッラと甘さを感じるプロシュット。
それにセージの香と想像するだけでおいしそうなレシピ!
こんなお料理にはどんなワイン?
カーサ・エンマのキアンティ・クラッシコなどいかがでしょう?
良質のブドウと樽熟成所以の豊かな果実感とわずかなスパイシーな
味わいがこのお料理にぴったりだと思います!



2月のブログでもご紹介した4月発売予定のラ・モンティーナ社のフランチャコルタ。

その発売を前に、ラ・モンティーナ社経営者一族でマーケティングを担当しているミケーレ・ボッツァ氏が来日。
短い滞在でしたが、その中で、3月7日(水)に、普段からお世話になっている、中目黒の
リストランテ カシーナ カナミッラで発売前イベントを開催いたしました。

イベントのタイトルは「La Montinaのワインとイセーオ湖料理の夕べ」
La Montinaはフランチャコルタの生産者。
カナミッラのオーナーであり、イタリア食文化研究者でもある長本 和子さんは、
イタリアの郷土料理に精通された方!
このイベントに際し、やはり地元の料理と合わせましょう〜!ということで、
フランチャコルタの生産地にあるイセーオ湖の郷土料理を提供くださいました。

  

写真はアンテイパスト(前菜)。このお皿がすべてイセーオ湖料理。
キアーリ風豚肉のソプレッサ
ラリオ風豚肉のカンピオーニ
ジャガイモのフォッカッチャ 鱈の燻製添え
鯉とインゲン豆の煮込み
オゼーイ スカッパック ポレンタ添え
ポルペッティときのこ
洋ナシのモスタルダとゴルゴンゾーラのサラダ
と、なんとも贅沢な前菜!ラ・モンティーナ社、ミケーレ氏も感激!
彼のおばあ様はレストランを経営していたそうで、彼女のテイストにそっくり!
と、日本のイタリア料理のクオリティに驚いていました。
もちろん、フランチャコルタとの相性は抜群!スプマンテに欠かせない繊細な泡、きれいな酸。
極上のブドウを使用し造られたフランチャコルタを実感できるテイストです。

ちなみに、プリモは、シチリアワイン、
ゴルギ・トンディ社のコステ・ア・プレオラ グリッロ&シャルドネに合わせて自家製スパゲットーニのシラクサ風。
セコンドはトスカーナ州フラッシーナ社の銘醸、12種類のブドウを使ったワイン、
12ウーヴェに合わせてペボーゾ 牛肉のワイン煮。
ドルチェに続いて、最後は、やっぱりフランチャコルタで乾杯〜
参加いただいたお客様もお料理のクオリティ、そして、日本初上陸、一般の方では日本で初めて
お楽しみいただいた、ラ・モンティーナのフランチャコルタにご満足いただけたことと思います。

ラ・モンティーナ社フランチャコルタのご案内は、今月末にはこのブログでもご案内いたします。
<まだ、正式な価格が未定なので・・・すみません!>

カシーナ カナミッラは目黒川沿いのおしゃれなリストランテ。
満開の桜、そして、5月の新緑とこれからの季節、大きな窓から季節を愛でながら、
極上のイタリアンをお楽しみいただけるリストランテです。
>桜の頃は予約必須です!

また、5月28日(月)にはオーナーである長本さんのライフワークといえる、イタリア郷土料理のイベント、
イタリア郷土料理集賛歌 第 9 回 カンパーニァ州 「太陽道路を南下して豊穣の地へ」が開催されます。
詳細はこちらをご覧ください

ベラティーナでは、今回のようなワイン会をこれからも実施してまいります。
ご近所の皆様、もちろん、文京区でも開催いたしますので、ぜひ、ご期待ください!




PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    店主
  • カジキマグロのソテー ケッパートマトソース
    小春

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM